蕎麦を英語でどう説明するか!色々悩みながら英語メニューを作ったよ

こんにちは、英語の勉強中のとびたです。そんな私が、蕎麦を英語では何というのかについて、調べてみました。

最近では、海外から日本への観光客が増えているので、英語を使う機会が増えるかもしれません。

しかし、スマホの翻訳機能や、携帯の翻訳デバイスなども出て来て、英語は覚えなくても、通じるようになって来ましたね。

今回は、蕎麦のちょっとした雑学的に、知っておいてもいいかなと思い、記事に書いてまとめてみました。

それでは、蕎麦を英語では何というのかをみて行きましょう。

スポンサーリンク

蕎麦を英語では何というのか?

蕎麦に関する英語は以下のようになっています。

蕎麦:buckwheat(バックウィート)

蕎麦粉:buckwheat flour(バックウィート・フラワー)

蕎麦(麺):buckwheat noodles

蕎麦の実:buckwheat seed

蕎麦屋: a buckwheat noodle restaurant

蕎麦湯:hot buckwheat water(soba water)

アメリカの都会では、日本食がよく食べられるようで、蕎麦の麺のことを、buckwheat noodlesとは言わないで、「SOBA」でも通じるようです。

蕎麦屋も「SOBA restaurant」と言われるようですね。アメリカでは、寿司が大人気となり、その後ラーメンブームがありました。蕎麦もブームは来るのでしょうか?一度はアメリカに行ってみたいと思います。

蕎麦を英語で説明するなら何と伝えるか?

蕎麦の食べ方などを英語で説明するなら何というのか?を調べてみました。

  • 蕎麦をつゆにつけて食べます
  • I will have soba on the soup and eat it.

薬味の使い方を聞かれたら、

  • ネギとわさびはつゆに入れて食べて下さい
  • Please add green onions and wasabi in the soup and eat it.

ちょっと長くて覚えられないですね。外国人に説明するときは、スマホを見せた方がいいかな。

ちなみに、わさびは英語でも「wasabi」ですね。お寿司が流行っているので、わさびは有名です。

 

蕎麦湯は「soba water」でいいようですね。日本に観光で来た外国人のかたは、使い方がわからないようですね。

これは何ですか?と聞かれたら、

  • 蕎麦を茹でたお湯です。
  • It is hot water boiling soba

どうやって使うのですか?と聞かれたら、

  • そばつゆの中に入れてお飲みください。
  • Please drink it in soba sauce

とこんな感じになるようです。常陸屋では外国人のお客さんはほとんど来ませんが、来た時のために覚えておきます。

色んなメニューを英語にしてみました

蕎麦のメニューを英語では、何というのかを調べてみました。

 

冷たい蕎麦

cold buckwheat noodles

もり蕎麦

Plain buckwheat noodles with dipping sauce

冷やしたぬき蕎麦

Buckwheat noodles in a cold soup with crunchy pieces of fried tempura batter 

冷やしわかめ蕎麦

Buckwheat noodles in a cold soup with seaweed 

鴨せいろ蕎麦

Buckwheat noodles in a cold soup with duck and green onions

おろし蕎麦

Buckwheat noodles in a cold soup with grated daikon radish

天ざる蕎麦

Buckwheat noodles in a cold soup with shrimp and vegetables tempura

 

暖かい蕎麦

hot buckwheat noodles

かけ蕎麦

Buckwheat noodles in a hot soup

天ぷら蕎麦

Buckwheat noodles in a hot soup with shrimp and vegetables tempura

鴨南蛮蕎麦

Buckwheat noodles in a hot soup with duck and green onions

たぬき蕎麦

Buckwheat noodles in a hot soup with crunchy pieces of fried tempura batter 

カレー蕎麦

Hot buckwheat noodles in a curry soup

 

スポンサーリンク

蕎麦粉を外国語では何というのか?

蕎麦は世界中で食べられているようですが、その他の外国語では何というのかを調べてみました。

・ドイツ語

Buchweizen(ブッフワイツェン)

・中国語

蕎麥粉(チャオマイフェン)

・韓国語

메밀 가루(メミルカルー)

・フランス語

farine de sarrasin (ファリン・ド・サラザン)

・ロシア語

Гречневая мука(グリチュニェーヴァヤ ムーカ)

・イタリア語

grano saraceno (グラーノ サラチェーノ)

蕎麦は世界中で食べられているようです。しかし、外国では麺の蕎麦ではなく、蕎麦粉を利用したり、蕎麦の実を料理したりすることが多いようですね。

世界の蕎麦の生産量を見ると、1位がロシアで、2位が中国です。日本は10位前後です。意外とロシアでは蕎麦が食べられるのですね。主に、蕎麦の実を茹でて食べるそうです。

蕎麦の実には、ダイエット効果もあるようです。その辺について書いた記事がありますので、参考にしてみてください。

➡️そばの実ダイエットのやり方をそば屋が徹底調査!オススメの食べ方はこれ

まとめ

いかがでしたでしょうか。蕎麦を英語では何というのかをみて来ましたが、英語が苦手な私も、自分の仕事の蕎麦に関する英語は、覚えようと思います。

常陸屋には外国のお客さんは、ほとんど来ませんが、今後大洗町には来る可能性がありますからね。その時のためにも、少しはメニューの英語の説明を覚えておいた方がいいですね。

英語の勉強と思うと、なかなか覚えられないですが、仕事と思うと楽しく覚えられそうです。文法などは気にせず、何となくニュアンスで通じますでしょうか?出川哲朗のように!

雑学
スポンサーリンク
シェアする
teutisobaをフォローする
手打ちそば常陸屋ホームページ