なぶらかき揚げについて

      2016/03/15

 

なぶらかき揚げ天ざるですが、期間限定でやろうと

思っていたのですが、以外に注文が増えたので

もう少しやろうと思います。

いつまでやるかは、まだわかりません。

そもそもなぶらとは何かと言いますと

漁師言葉で海面に浮いてきた小魚や小エビなどを

まとめてなぶらと呼ぶそうです。

かつおなどの大型魚がいわしなどの小魚を追って

小魚が海面に浮いてきた状況をなぶらが出たと

言って大型魚の捕獲に入るそうです。

その小魚をカモメなども狙うので、

鳥山とも言うそうです。

釣りをやる方なども、なぶらという言葉を

使うようです。

さて、なぜなぶらかき揚げ天ざるという名前を

つけたかと言いますと、大洗町の小野瀬海藻店で

なぶらふりかけというものが売ってまして

野菜のかき揚げにこのなぶらふりかけを入れたら

美味しかったので、期間限定でやってみようと

思った訳です。

このふりかけには、小魚、小エビ、海藻などが入っています。

ふりかけとは別に、しらす干しと干しエビもたして

野菜と一緒にかき揚げにしています。

いつまでやるかはわからないので

近くにお寄りの際は、ぜひ召し上がってみてください。

よろしくお願いします。

 - おしながき

Twitter widget by Rimon Habib - BuddyPress Expert Developer